注文住宅の間取りについてのこだわり

我が家のハウスメーカーは、ビッグフレーム構法という、とても頑丈な構造を売りにしています。
その構法により、従来の大黒柱が不要になり、より開放的で自由度の高い間取りを実現することができるという、とても魅力的な構法です。

その自由な間取りを決める際に、我が家がこだわったポイントを挙げていきたいと思います。

まず、既にマイホームを建てられた先輩方に、家づくりで後悔している点・失敗した点などを伺いました。
多くの人が「収納場所が足りない」ということをおっしゃっていました。

142078

よって我が家は、収納場所を可能な限りたくさん作りました。
色んな場所にちょこちょこ作り、数えてみると全部で6箇所も収納スペースがあります。
おかげさまで住み始めて3年ちょっと経ちますが、まだまだ収納場所は余裕です。

それから、こんなことをおっしゃる方もいました。
「軒先が短くて、雨の日は振り込んでくる」と。
なので我が家は多少の雨であれば、ベランダに洗濯物を干しても濡れない程度の十分な長さの軒先を設けました。
また、玄関の軒先も充分な長さ設け、カーポートの屋根を軒先ギリギリまで近付け、玄関から車まで、傘をささなくても濡れずに行けるようにしました。

一日のうち、一番家族が過ごす時間が多いリビング・ダイニング・キッチンについては下記の点にこだわりました。

・より広く・開放的にするため、リビングは吹き抜けにする
ただし、吹き抜けを作る場合は冷暖房の効きはメーカーさんに確認・相談するべきですね。
我が家は天井にシーリングファンを設置し、何の問題もなく夏・冬を過ごせています。

・たくさんの自然光を取り込める大きな窓を設ける

・急な来客時に、たとえリビングが散らかっていても、リビングを一切通さず客間にお客様を通せる部屋の配置
(「玄関⇔客間⇔トイレ⇔手洗い場」をリビングを通らずに行き来可能な配置)

・キッチンで料理をしながら、リビングや庭にいる家族の様子を見渡せる配置
・キッチンで料理をしながら、テレビが見れる配置

・2階の子供部屋に上がる時は、必ずリビングを通る配置
いつ子供が帰ってきたのか、出掛けて行ったのか分からない、といったことが起こらないように工夫しました。

・周りの目から隠れるプライベート空間なウッドデッキを設ける
家の形・生垣・ウッドフェンスなどをうまく組み合わせ、周りから丸見えにならないよう工夫しました。

色々こだわりがあり、打ち合わせ中は大変でしたが、やはり納得して作り上げた家は大変住みやすいです。
今のところ何の不満も不便も感じず過ごせているので、苦労した甲斐があったなという感じです。

みなさんも、家の間取りを決める際は、充分に周りから情報やアドバイスを集め、実際そこに住んでいる自分を想像しながら、納得いくまで打ち合わせを繰り返し作り上げていくことをお勧めします。